アプリケーションApplications

3. 種々の測定手法によるカーボンブラックの構造評価

関連業種:化学、電池・エネルギー

概要

主にゴム・プラスチックの充填剤、顔料や電極材料に利用されるカーボンブラックは、ドメイン(一次粒子)によって構成される最小単位アグリゲート(一次凝集体)と、それらが凝集したアグロメレート(二次凝集体)と呼ばれる構造をとることが知られています。
カーボンブラックの物性は主に粒子径、粒子表面性状(官能基の存在や細孔分布)、ストラクチャー(アグリゲートの発達度合い)です。
ここでは、カーボンブラックの物性評価を行ないます。