アプリケーションApplications

5. 3Dプリンタの最前線とその粉体物性評価

関連業種:材料開発

概要

3Dプリンタは、個人が数千円から製造サービスを利用できるなど一般消費者にとっても身近な装置になっており、その市場規模は2030年には最低でも2兆円程度に達すると推定されています。加工法により幾つかのカテゴリーに分類され、使用される材料も粉体だけでなく液体やシートなど様々ですが、粉末を利用した技術は技術研究組合 次世代3D積層造形技術総合開発機構(TRAFAM)が発足するなど特に注目を集めています。ここでは、3Dプリンタに使用される粉末に求められる特長とその特性評価方法について、実粉の測定例を交えて紹介します。