アプリケーションApplications

9. バブル生成圧力制御によるマイクロバブルの粒子径分布と個数濃度評価

関連業種:材料開発

概要

マイクロバブルは、水産、農業、環境、そして工業などのさまざまな分野での応用が期待され、洗浄や浄化効果についても多くの事例が発表されています。マイクロバブルの生成手法として、加圧溶解法、剪断法、二相流旋回法、エジェクター法などがあり、圧力や回転速度、混合ガス、液温の制御により、生成されるバブル径や個数に違いが生じます。ここでは、加圧溶解式のバブル発生装置を用いて、生成条件の付加圧力を変化させた場合の画像解析による粒子径分布と個数変化の評価事例を紹介します。