アプリケーションApplications

10. 樹脂ペレットの3D形状・粒子径評価

関連業種:化学

概要

樹脂ペレットのサイズ評価は、ノギスを用いたX軸、Y軸、そしてZ軸の3次元(3D)評価、または篩法での計測が一般的ですが、いずれの方法も計測の手間が課題です。その解決策として、一般的な画像解析法による2次元(2D)評価やレーザ回折・散乱法などが挙げられますが、ノギス計測や篩法とはデータが合わず、代替えとしては不十分でした。ここでご紹介する「粒子形状評価・粒子径分布測定装置PartAn3D」は、特許技術である3D撮像法を採用しXY軸(平面)に加えZ軸(厚み)の評価により従来法との高い相関性を実現しています。