アプリケーションApplications

15. ドラッグデリバリーシステム(DDS)構成粒子の粒子径分布評価

関連業種:製薬

概要

ナノトラックによるナノ微粒子製剤の粒子径分布測定

薬物を目的の場所(患部)に効率よく届け、副作用も抑えられる〝ドラッグデリバリーシステム〞(以下、DDS)。
その構成粒子径をコントロールすることで、必要とされる量の薬剤を体内の特定部位にのみ吸収させることが可能となります。
リン脂質カプセル「リポソーム」は、生体膜と同じ二重構造の脂質膜に隔離された内水相を有するカプセルであり、水溶性薬物、脂溶性薬物、高分子などさまざまな薬物の容器として注目を集めています。
治療効果が非常に高く、副作用も抑えられることから特に抗がん剤の開発が期待されています。
また、化粧品の分野でも機能成分を効率よく角質へ浸透させることが可能なことから、さまざまな製品に使用されるようになってきました。
ここでは、DDS構成粒子の粒子径分布評価例をご紹介します。